上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今週は『銃夢 Last Order 13巻』と『コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー 5巻』買いました。

『銃夢』は新説になってもうだいぶ息が長くなりましたが、この巻もまるまる超電磁空手の話でしたw
超電磁空手のジャック率高いよw というか 主人公のガリィは3ページも出てないw

いいぞ もっとやれ


『コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー 』はこの巻で最終巻でして、無難にお話を締めていました。
本編でもよくわからなかったところをちょっと解説していて 助かりましたね。
なにより お疲れ様でした。



以降は いつもの落書きのやつでゲス。


「あれ、おかしいな?最後の手ごたえが無かったな~?」
決着


 忌々しいあの男の声が倒れ伏したあたしの頭に振りかけられた。

 なぜあたしは倒れていたのか? なんであたしは大きな布のなかにいたのか?
 頭の中はいまだ混乱しているが、さっきまで全身の骨がメキメキと折られるような激痛は嘘のように引いていた。

 兎に角、目の前の男に言い返さなければ気がすまない!あたしはありったけの怒りを手足に込め、飛び跳ねようとしたときだった。
 ふと、立ち上がろうと地面についた両腕が目に入ったときあたしは口から心臓が飛び出しそうになった。
 
 あたしの腕があたしのものではなかったのだ。

「あぁ~あ 頭の中まで猫になっちゃったほうが楽だったのにね?可哀そうに。さてと・・・」

 早鐘のように頭の中で鳴り響く心臓の音のせいでほとんど聞き取れなかったが、あたしは既に人の姿では無いらしい。野次馬どもも口々に「猫だ・・・」「猫に・・?」と話す声が聞こえてきていた。
 あたしも魔術師だ。人間を瞬く間に別の動物に変えてしまう魔術があることは知っていた。けど、まさかその魔術を自分の身に受けるとは夢にも思っていなかった。

『この布はあたしの服?』 『あいつ、剣を抜いてる!』 『いつ魔術を発動させたんだ?』 『逃げないと!!』
 複数の思考が頭の中を同時にのたうちまわる。しかし、あたしにできたことは、ただ男がこちらに歩を進めるのを魂が抜けたように見ているだけだった。

 そして、あたしの視界は真っ暗になった。


「誰だい?あんた?あんたが掴んでる腕、痛いんだけど。」

「勝負はついてる・・・・あとは、言わなくてもわかるな?」

「質問を質問でかえさないでくれるかな?」


 あたしと男の間に割って入った真っ暗は、2m以上ある大男だった。
 まずあたしの目に入ったのは、大男の腰にどっしりと結わいつけてある大鉈だった。刃渡りは長くないものの、鞘越しでもわかるほどの分厚い肉厚を誇る刀身は相当の重量があるのが目に見えて明らかで、鎧こそつけていないがこの大男が一介の戦士であることを物語っていた。

 だが、それ以上にこの大男が戦士であることを物語っていたのは、次に目に入ったその顔だった。
驚くべきことに大男の顔には斑ではあるが真赤な鱗に覆われていて、額の鱗に至っては顔から大きく張り出して、まるで角のようになっていた。
 そして見るものの心を折るように爛々と光る金色の瞳は、瞳孔が縦に割れ人間のそれとは形を違えていた。
 その特長はこの大男は片親を竜にもち、生まれながら優秀な戦士の素養をもつ『ハーフドラゴン』であると、あたしはおもいいたった。

「・・・『鉄面皮』だ。 これで満足か?」
 ハーフドラゴンの大男は、いかにもメンドクサイ、といったふうに答えた。

「鉄面皮・・・あぁ “同族喰らいの鉄面皮”か。で、その鉄面皮さんがなんで僕の腕を掴んでるのかな?」
この男の人を小バカにしたような態度は、人を気後れさせる塊のような来訪者を前にしても一切変わることは無かった。

「勝敗は決している・・・何度も言わないとわからないのか?」

「もしかして 喧嘩売ってるの? ・・・ふふふ 僕はそういうの結構受けて立っちゃうイケナ~イ性質なんだよねぇ。」

 空気が変わった。男たちの口調も表情も変わりはしなかったが、二人の間に流れる空気は抜き身の真剣を連想させるような冷たく、そして鋭利な殺気が漂っていた。
 全身の毛が逆立つような殺気は野次馬たちにも伝わっているようで、大男が現れたときザワザワと波打っていた人垣は、水を打ったように静まりかえっていた。


「この鉄面皮!!! また余計なことに頭突っ込んだね!!」
鏡のような湖面を荒らす突風は、何の前触れも無く起こった。
「あんたまたやってくれたね!」


その異様な光景に見たものは皆凍りついた。二人の男を除いては・・・







・・・・また長くなったので今日はこれくらいで。
用意した固め絵までいかなかった^^;
まぁ誰が固まるかは次回までに予想してみてくださいねw

>いつも楽しませてもらってます!
>続きが気になりますね・・・
>個人的にはBADエンドがいいなあ


返信が遅れましたが、ありがとうございます。
基本行き当たりばったりなお話なのでどんどん意見を言ってもらえるとかなりな確立で反映されると思いますw

それでは~ノシ
スポンサーサイト
 

<< オワタ | Home | 固め+他フェチその2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。