上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
タイトル通りです。某うpろだで板図らっこさんが描いていたアレ。

発案者私です本当に(ry

いやぁ、あれ思いついたのも結構古い話になるんですがね。
知ってる人居るかなぁ。
ブラックビスケッツという知ってる人は知っている音楽ユニットがありまして。
そのPVでビビアン・スーが実際に泡に包まれてる場面があったんですよ。
それをつい最近思い出して絵チャで発言したところ板図らっこさんが乗ってきまして。
描いてもらったところ板図らっこさんもハマったようです(ノ∀`*)

さて、この泡固め。実際人によっては大分仕様が変わってくると思います。
まず固め方
これはその名の通り包まれた泡が固くなって固まるというものです。
感覚的にはムースっぽい、洗顔料とかにある泡でしょうか。もこもこです。
シャボン玉みたいな透明な泡ではありません。基本色は白。
後、これはあくまで周りを覆っている泡を固めるだけであり、娘さん自身を泡にしているわけではありません。
石鹸化とも違います。まぁ石鹸化して表面に泡がいっぱい、っていうのもありですけど(ぇ
ここはコーティングと物質変化の違いですかね。コーティングが好きですいません><


さて、じゃあ泡固めの萌えポイント欠点みたいなものについても語りましょうか。

まず萌えポイント
蝋などのドロドロに萌える人なら分かる人も居ると思いますが、その泡の質感
もこもこしているというあの感触がたまらないってのがあるかと思います。
石化とかと違い、やはり泡なので表面が平らではありません。
そこの表現がハァハァするポイントもあると思います。
後はやはり日常的によく使うもので固めるという密接感でしょうか。背徳的なゾクゾクするものがあったり?


さて、では欠点ですが。

これは、まずカラーバリエーションが白一択にならざるを得ないこと。
更に泡なんてものは今までなかったわけですから、泡っぽい質感を出すのが難しい。
板図らっこさんはとても上手く表現されていましたが、やはり絵師さんにとっては難しいようです。
下手すれば蝋と混ざってしまいますからね…かと言ってツルツルにすると彫像っぽいですし。
しかしこの表現という難題をクリアすれば意外とこの固めは浸透するんじゃないか、
そう思いたいです発案者としては。

是非、是非泡固めに清き一票を!(←
スポンサーサイト
 

<< ちょっと書き方をかえてみる。 | Home | ウェーイ!('A`) >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。