上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
「固体少女」さんよりこちらのほうを良く見るという人は、少ないと思いますが書くこともないので報告。

「固体少女」さんのとこにモンジさんが投稿したSS「悪魔というものは 」の挿絵のようなものを描いて、
同HPに投稿してきました。 ここの分類的には「贈り物」というこことになるのでしょうかね?

サンプル1

サンプル2


色付が見たいという方は、リンクにあるの「固体少女」さんの投稿板に貼ってあるのでそちらからどうぞ。
モンジさんのSSもあわせて読んでもらえると嬉しいです。
まぁ、挿絵に選んだ場面が前半の女の子に偏っているのは、ご愛嬌ということで。

かく言う自分は一部の人には公言していますが、骨の髄までケモナーでして。
『どうしてそんな重い病にかかったのか?』という話は別の機会に譲るとしまして、今回は軽くケモノ×固めについて一言二言ポツポツ書きたいと思います。

 「ケモノキャラ」、所謂「獣人」(亜人もはいるのかな?)が固められるということ。フェチズムとフェチズムの最小公約数のようなシチュエーションなのでありまして、これまた数が少ない。
ケモノキャラにフェチズムを感ずるということ自体が稀なうえに、重ねて固めですよ。お互い肩身の狭いフェチズム同士のあわせ技なんですから、数が少ないというのも当然といわざる得ないわけですよ。

 今回こんな偏った場面を選んだ要因は、もちろん自分が好きな場面を描きたかったことが一番の要因ではあるのですが、もう一つに『こういうすばらしいケモ固めのssを応援すれば、ほかにもケモ固めな作品がみられるんじゃないべか?』といった考えが働いた始末でありまして^^;

 大体そんな感じでこれを切欠に『ケモ固め』のジャンルが確立したらいいな、とあわ~く願っているわけですが、もちろん勝算が全く無いわけではないと考えてもいます。

 というのもケモノキャラってのは見た目が人間でないというわけで、多くの映像作品で人間では倫理的(だれの倫理だかは知らないですが)にできないようなヒドイ目、もしくは目も当てられないような非業の最期を迎えることが見受けられます。外国のアニメだとそこんとこ顕著だったりしますよね、多分。

 まぁ、幸か不幸かはわかりませんがそんな作品を見たことがあって、ケモノキャラにサディスティックな感情を持っている人が少なからずいるとはおもうのですよ。もちろん逆の人も。
 まぁ、そんな人が今回モンジさんのSSを読んだり、自分の絵をみたりして、なにかしら感じるとこがある人がケモノキャラを材料にした作品を固めの分野作ってくれるかも? いたらいいなぁ~ とねがっているわけなんです。
 あ、ちなみに自分は『ケモノキャラは酷い目に遭っちまえ!もしくは市ね!』とか思っているわけでは断じて無いので あしからず。

 思ったよりかなり長文になってしまいましたが、こんな感じで今回は終わりにしたいと思います。
 それでは~ノシ

                     

                  ・・・・深夜に文章書くのは なるべく避けよう。 今度から たぶん
スポンサーサイト
 

<< リンク追加で~す! | Home | 寒い寒い >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。