上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
何か前の考察から随分間が空いてしまいましたね…^^;

今回もまた毒島さんが挿絵を描いてくれました^q^
しかも今回は豪華に3枚と大ボリュームとなっております!

それでは、気になる方はどうぞ~。


今はもうすぐバレンタインという季節。
恋する乙女、サビクは自室でエメリーと談話中…

「はぁ…」

「どしたのー?」

「ミリスお姉様の誕生日にケーキをプレゼントしたいって思うんやけど…」

「へぇ、なに?ケーキの内容で悩んでんの?」

「それもあるんやけど…お姉様の誕生日、バレンタインなんや……」

「あー、バレンタイン、ね…サビクちゃんは何で悩んでるのー?」

「チョコケーキ作るだけやとバレンタインと勘違いされるやん…でもチョコも上げたいし…」

「じゃあチョコとケーキ両方作ればいいんじゃないのー?」

「それやと当日一杯甘いもの貰いそうやからかさばる心配あるしなぁ…
 それにうちは『私を食べて下さい(はぁと)』的なのがやりたいんや!」

「なにそれうけるー(笑) あ、いやごめんそんな睨まないで…」

「こっちは結構真剣に悩んどんねん。あーどないしよ…
 というかエメリーちゃんは何か案とかないん?」

「ん~…私結構良いものもの持ってるんだけど……どこやったかなぁ……」

「なんかエメリーちゃんの良いものってかなり怪しいんやけど…」

「まぁ今探してもしょうがないかー。バレンタイン当日にまた部屋に来てー。」

「ん?まあええわ。じゃあ今日はもう自分の部屋に帰るわ。ほなまた~。」

【バレンタイン当日】

「来いって言われてたから朝一で来たけど…なんなん?」

「あ、来た来た。前言ってた奴これだよー。」

「うわ…何か本当に怪しいもんが出てきおった……」

「ひっどい言い草ー。まぁ私もこの前笑ったからおあいこだけど…。
 これはね、ボディペイント用のチョコなんだよー。」

「いや…なんでそないなもん持っとるんや……」

「何か雑貨屋にあって面白そうだから買ったんだけど。1つしかなかったし。
 買ったのはいいけど今まで使い道なかったんだよね(笑)」

「そんでうちで試そうっちゅう話か…ん?これってまさか……」

「チョコも上げたい。ケーキも上げたい。自分自身も上げたい。
 …んふふー、こうなったらサビクちゃんにチョコ塗って、上からケーキっぽい装飾するしかないじゃん?
 隅から隅まで手伝っちゃうよん?(笑)」

「これまでにないくらい眼が輝いとるんやけど…エメリーちゃん?」

「ほらほら、もう分かってるっしょ?全部脱いだ脱いだー♪」

「えぇい、自分で脱ぐから触らんといてー!」

「ふっふっふ、全裸になったねー。肌白くていいなぁ…
 そして柔らかそうなのに相変わらず…」

「胸のこと言うたら許さへんよ…?」

「そんな笑顔で言わないでよ、怖いなぁ(汗)」

「どーせボインなエメリーちゃんには分からんわ、うちがどんな気持ちかなんて…」

「私がボインって…お姉様はボインボインになっちゃうじゃん(笑)」

「うるさいわ!お姉様以外の巨乳なんて爆破よ爆破!」

「はいはい、そこまで…で、えーっと使い方は…
 ボールにお湯とこのチョコを2:8で入れて混ぜて、後ははけで塗るだけか…簡単簡単♪」

「なんかなぁ…マジ平気なん?それ。」

「まぁ命に別状はないっしょー。(ん…注意書きに何か書いてある)」

「ん?何か書いてあったりしたん?」

「いや別になにもー?
 (何々、尚、このチョコを原液で使うと乾いた時自力で動けなくなるほど硬くなるので注意…?
 ふふふ、これは面白そー…♪)じゃあ待っててねー、作ってくるからー。」

「何か裸で一人居るのって妙に寂しいんやけど…早く帰ってきてなー…」

「こんな面白い注意書きなんてあったら試してみたくなっちゃうよねー…
 ボールに原液だけ入れて…はけはここだっけかな…よし、出来たー。」

「ただいまー。」

「早いな!?まだ1分経ってないんやけど!」

「まぁ混ぜるだけだったしねー(実際混ぜてないけど)。じゃあ塗ってくよー?」

nyotaimori1.jpg


「こうなったらしゃぁないか…って何で塗っていくのが胸からやねん!?」

「そりゃもう希少価値は先に塗っておかないと、ねー♪」

「…なんかめっちゃ楽しそうやな。」

「そんなことないよー?(固まった時の反応が楽しみなんて言えないしー(笑))」

「うう、その目は絶対何か企んどる目やろ…」

「ほらほら、動かないでじっとしてるー。よし、次はお腹~。」

「あ、ちょ、おへそくすぐった…ひぅっ!」

「だから動かないー。ほい、前面終わったよん。次は足だけど、塗りづらいから自分の手で持っててくれない?」

「どういう風に持てばええんよ…こう?」

「あー、その両足持ってM字開脚いいねー。何かいかにも『食べて下さい』って感じだよねー。」

「ほな早く塗って…恥ずかしいねん……」

「はいはい…足の指の間も丹念に~…」

「あはははは!くすぐった、くすぐったいって!」

「もう暴れないでよー。ついでに手も塗りやすいしこのまま塗っちゃおっと。」

「何か良いようにされてるような気がするんやけど………」

「気のせい気のせいー。さーて、腕も塗ったところで、メインディッシュのアソコ~。」

「メインディッシュってなんやねん!?というかこのポーズ辛いからそろそろやめたいんやけど…」

「えー、そしたら塗りづらくなるからせめてここ塗り終わるまで待ってよー。ほら、いくよー。」

「うぁ…すっごい変な感触……」

「ちゃんと食べて貰えるように奥まで塗っちゃおっと…」

「あ、や、チョコがにゅるにゅるして…んっ……」

「あ。良いこと思いついた。」

「良いことって何や…ろくなことないやろ…」

「ここにバナナ突っ込んで、チョコバナナにしてあげる♪バナナバナナ~♪」

「やめ、ちょ、どっから出してきたんやそのバナナ!」

「ちょっと、動いたらチョコ崩れちゃうでしょー。
 ケーキの材料用に用意してあった奴を出してるだけだよー?ほらこうやって…にゅるんと」

nyotaimori2.jpg


「あ、や、ホントに入れよった…もう我慢できへん、こないなバナナ抜いて…あれ?」

「あ、乾くの結構早かったねぇー。どう?動ける?」

「………動けん。なんやこれ、ありえん………」

「そっかー。じゃあ丁度塗りやすいしこのまま続けよっと。」

「ちょっとまっ…これどういうことか説明してくれへん…?」

「別に驚くことじゃないよー。注意書きに『原液で使うと自力で動けなくなる可能性がある』って
 書いてあっただけだし。」

「思いっきり注意書きどおりやん!てことはこれ原液で…」

「おもしろそうだったし(笑) それに動けない方がゆっくりお姉様に食べてもらえるよー?」

「う…まぁそう言われればそうやけども…」

「ほら、続き塗るよー?脇腹と腰を塗り塗り~。」

「あは!あはははははは!ひぅ、こ、これなんて拷問…?」

「我慢性ないなぁ…次は首~。」

「鳥肌が…って言っても表面に見えないんやった…うぅ…ゾクゾクする………」

「ほら、顔塗るよー?可愛いお顔を塗り塗りー♪」

「うー…顔パックみたいに綺麗にならんかなぁ……」

「そんなことしなくても十分綺麗だけどなぁ…ほら、もっと誘うような表情でー。
 感じ的には『私を…食べてください……♪』みたいなー。」

「そないなこと言ったって…こ、こないな感じ?」

「そそ、じゃあ遠慮なく。えいっ」

「んっ…でもこれちょっとチョコがドロっとしてて生温かくて気持ち良いかも…」

「よし、顔大体塗れたね、後は乾くのを待って…」

「なに…?まだ何かするん…?」

「当たり前じゃんー。髪も眼も口の中も塗るよ?そこだけ生身だなんてキモいし(笑)」

「ちょ、目は流石に…ってあぁっ!?眼のまわり固まって眼が閉じられない!」

「そのために先に表情作ってたんだよー。口も周り固めたから閉じられないはずー。
 さーってと、流石にはけで塗ると傷つくからトローリ垂らして…」

「うぁ…あ、あれ?あんまり染みない…?」

「そりゃチョコだからねー。劇物でもなんでもないし。
 ほら、口の中にチョコ流し込むからねー。飲まないでよー?」

「ん、んむっ…んぐっ…」

「さて、じゃあ髪も塗って…あ、そういや背中塗り忘れてた(笑)
 よいしょっと…」
『ごろんっ』
「あはは、M字開脚をそのまま裏返すと超うけるー(笑)」

「(…絶対後で泣かしたる……)」

「じゃあ背中に塗って…後ろ髪もちゃんと塗り塗り~♪」

「(本当にどっからどうみてもうちチョコやん…こんな恥ずかしい格好でお姉様に……///)」

「さて、乾いたから後は飾りつけー。もっかい戻して…」
『ごろんっ』
「さて、と。まずは定番の生クリームだよねー。おっぱいの周りと~…
 後はおへその周りを囲んで…おへそにもちゅっと……」

「(く、くすぐった…ってなんで感覚あるんや!?)

「あそこの周りも可愛くクリームで覆っておこーっと。
 やっぱり定番のハート型かな(笑)」

「(なんかまるでハートをバナナで射抜いてるみたいやんか…うぁぁぁぁぁ……)」

「後はやっぱりケーキだからイチゴだよねー。適当な間隔でクリームの上に置いて~…
 そうそう、蝋燭もあるんだったー。これ乳首の所においとこー。」

「(…ちょ、それ蝋燭溶けてきた時胸が火傷するって…!)」

「で、お誕生日おめでとうございますってチョコプレートは…おへそのクリームに刺しておこっと。
 後はバナナにちょっとチョコレート垂らして…完成~♪」

nyotaimori3.jpg


「(う…ぁ…こ、こないなもんでお姉様喜んでくれるんかな…喜んでくれたらええな……)」

「よし、じゃあ後はプレゼントボックス(大)をかぶせて、メッセージ乗っければ…おっけー。
 じゃ、私は先輩に手紙出してくるから、後はごゆっくり~♪」


この後ミリスにより、一部の肌が出てくるまで食べられたのは言うまでもない…(性的な意味で



女体盛りSSいかがだったでしょうか。
最初は恋する女子高生とその同級生が、女の先輩にバレンタインの日に~…
って内容だったんですが。
「あれ、これ毒島さんのオリキャラ当てはめてもいけるんじゃね?」
的なことになりまして、急遽キャラを差し替えて書きなおしました!
エメリーというキャラが出てきてますが、これは多分後日毒島さんが説明してくれるでしょう。
きっと可愛い絵付きで!



何か…私のSSって固め界では超異色ですよね……台詞ばっかで説明文ほっとんど0に近いし………
しかし個人的にはやっぱりキャラの絡みが好きというか…
無駄に難しい説明がだらだら続くより、こういうキャラ同士の会話が続く方が読んでて飽きないんですよね………あくまで個人的に、ですが。
後説明がなくてキャラの会話が頼りなだけに、各々色んなイメージを妄想出来るかなぁ…と。
漫画みたいに、頭の中で元気にキャラが動いてくれていれば幸いです。
という言い訳タイムでした

もう一度、挿絵を描いてくれた毒島さんに感謝~。ありがとうございますっ>ω<わふー
スポンサーサイト
 

<< ザッファーーーイ! | Home | 寒いなぁ >>

コメント

おおー、これは文も絵もすばらしい…!
やっぱり塗り固めは最高でsね、恥ずかしい姿で身動き取れない上に
意識はある、となるとずっと恥ずかしい状態で…!
生クリームの模様なんかも羞恥を煽るのにすばらしいとおもいます!

はじめまして!いつも拝見させて頂いてます。

文章も絵もすばらしいですね!チョコレート固め大好きなんで、ツボに入りましたよ!
次は是非とも食べられてるところを…っ!

エロいぞ、けしからん。
もっとやれ

>RFさん
生クリームの模様とかは思いっきり私の妄想全開です本当に(ry
やはり絵が良いと文章が映えるから良いですね^q^

>カタメタルさん
いつも見て頂きありがとうございますm(_ _)m
チョコレート固め良いですよね~。基本私はコーティングが好きなのです><
食べられてるところ…書こうと思ったんですが気力が…(汗
いつかネタ切れしたら書きます(←

>大邪神様
邪神様からしたらエロ控え目だと思われるかと思ったwww
善処します^q^

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。