上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
「ヘルシングが終わってしまってアワーズで読むものなくなってしまったなぁ。」と思っていましたが
だいぶ前から同誌で連載されていた『新逆八犬伝 アウトカラーズ』っていう漫画が
もろに自分のツボを突く漫画で、今まで見逃してた自分の迂闊さ呪っています^^:

詳しい話は既に発刊されている単行本を手に入れてからにしたいと思いますが、
興味を持った人は予習(?)してみてくださいw

拍手にこっそり追加 鶴さんのSSの予告みたいな絵ですw

「お前さんらに運んでもらうのはこのシャチのねぇちゃんだ!砂漠の宮殿に飾るらしいが、
泳がせる水なんぞあるんじゃろうかの!」

 といって、店のオヤジはガラガラの声でいつもの大笑いを始めた。このオヤジの笑いのツボはいつもよくわからないが、今回はどうやらその宮殿の主がよほど金払いが良かったのだろう。

 人魚やラインカンスロープといった普通の武器では傷つけることができないクリーチャーには、ときに石化の呪いが退治に用いられる。
 そして、生きた人魚は長寿と繁栄をもたらすとされ高額で取引され、稀にこのように石にされたまま遠くの買主の元に送られる。陸上では長く生きていられない彼女たちを運搬するには、石のままのほうが都合が良いのだ。

 彼女にとっての不運は石にされ売りに出されたことだけにとどまらないだろう。
今回の依頼主のことを考えると、彼女が再び生身の肉体を取り戻せる機会は永遠に巡ってこないであろう。
 シャチの人魚

そういえば、彼女が退治されたという漁村に飲み友達がいるが、最近悪さをするような人魚がいるとかいう話は聞いた覚えがなかったな・・・・
スポンサーサイト
 

<< チェケチェケ | Home | 相互リンクw >>

コメント

こんばんは、クリス・ペプラーです(違

こちらでは、はじめまして~
盲さんとは絵チャットなどでお世話になりました究極のDです。
挨拶コメントが大変遅くなりましたが、よろしくお願いします♪

人魚ですか~。人外なのにしっかり身体の構造やバランスが取れてて素晴らしいの一言です
主に胸とか、胸とか、胸とか(大事な事なので三回
石のひび割れとかも細やかに書き込まれ、
さらにはチェーンとか拘束具も妄想を掻き立てる小道具もいっぱいでw
ストーリーも短くもスッキリ纏めてあり良かったです。

ではでは~
改めてこれからもよろしくお願いします

こんばんは、こちらもクリス・ペプラーです。

コメントありがとうございます~

魚類のような海洋生物は描くパーツが少なくて結構楽だったしますw

絵チャットでもお世話になりましたが
こちらでもコンゴトモヨロシクおねがいします^^

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。